投資マンションを売却する際の掟|知らなきゃ損する豆知識

マンションで利益を

マンション

購入した一棟売りのマンションを賃貸に出して利益を得ようという人も多くなっています。マンション経営は、入居者の募集や共用部分の管理など大変な作業を行わなければなりません。最近は入居者の募集や共用部分の管理などを手掛ける、マンション管理会社もあります。

More Detail

安定した賃貸経営を目指す

つみき

不動産投資はマンション経営が一般的ですが、商業ビルも含まれます。オーナーにとって便利なのがサブリース会社との契約です。サブリース会社は入居者やテナントを探してくれます。もし空室になったら家賃保証をしてくれます。その代わり家賃収入の一部を契約料として支払います。安定した賃貸経営には適しています。

More Detail

リフォームの悩み

集合住宅

売る前にリフォーム

投資マンションを購入して賃貸経営を続けてきたものの、売却するのを決断するときもいつかは到来します。リフォームの流行の影響を受けて、売る前にリフォームをした方が良いのではないかと悩む人も増えました。投資マンションの売却価格を高めるために役立つと考えるからですが、コストパフォーマンスを考えて実施する必要があります。リフォームにかけた金額以上に売却価格を上乗せできるかをよく試算することが欠かせません。投資マンションとしてリフォームにより相場がどれだけ高くなるかを調べた上で実施するかどうかを決めることが大切です。コストの考え方に自分自身の労力やリフォームにかかる期間も考慮しておくと満足できる選択ができます。

リフォーム費用の活用

リフォームをして投資マンションを売却したときに、結局はリフォーム費用が高くなって損をしてしまうこともあります。そのときにただリフォーム費用を無駄にしてしまわないことも大切です。賃貸経営を行っている間に行ったリフォームにかかる費用は必要経費にできるため、節税効果が得られます。その金額によっては確定申告によって返ってきたお金まで考慮すると得をする可能性があるでしょう。この点に着目して節税のためにリフォームをしてから投資マンションを売却するという方法もあります。投資マンションの売却の前に行うリフォームには売却価格を引き上げられる効果だけでなく、節税にも活用できるメリットがあることは覚えておく価値があります。

みんなで行う不動産投資

男性

本来は多額の投資金が必要となる不動産投資。みんなで大家さんではその名の通り、複数の人からの出資金で投資を実現するシステムです。出資金は少額で済み、安定的な配当金が得られる新しいシステムの不動産投資です。

More Detail